BLOG

ブログ・挙式レポート

 

 

201804_jinja_0386

 

201805_jinja_0389

 

お二人の皆様の前に並ぶ盃☆

 

三々九度とも呼ばれる三献の儀が 始まります☆

 

201805_jinja_0390

 

三献の儀は、まず大中小の三重ねの盃のうち、新郎様が小盃(一の杯)を両手で取り、御神酒を三度に分けて

 
注いでもらいます。

 
新郎様はそれを一口目・二口目は口を付けるだけとして、三口目に飲み干します。

 
その後、新婦様も同様に☆

 
中盃(二の杯)は新婦様が両手で取り、小盃と同様に三度に分けて注いだお神酒を三度に分けて飲み、

 
その後 新郎様も同様の手順で行います。

 
最後は新郎が大盃(三の杯)を両手で取り、小盃と同じように新郎、新婦の順番で行います。

 
お酒が飲めない人は、飲むまねだけで構いません☆

 
こうして何回も新郎と新婦が盃を重ねることによって固い縁を結ぶとの意味が込められています☆

 

 
その後 指輪交換の儀、そして

 

201805_jinja_0431

 

誓詞奏上☆☆

 

誓いの言葉を ご神前に捧げます☆☆

 

厳かに進む 挙式☆☆

 

ご親族の皆様のもとにも お神酒が注がれます☆

 

201805_jinja_0450

 

注がれていく時も ご神事が目の前で行われているのをご覧になっても、背筋がすっと伸びるような

 

神聖な空気に包まれるのが、神社婚にしか味わえない 素敵なところです^^

 

201805_jinja_0463

 

親族盃の儀(しんぞくはいのぎ)☆☆

 

列席者全員で、盃でお神酒を飲み、「親族同士のつながり」を固める儀式です☆

 
お神酒を3口で飲み干します☆

 

 
こうしてお式が結ばれます☆

 

お式を終えて 出ていらしたお二人^^

 
ほっとされたのか、さわやかな表情ですね♪

 
201805_jinja0474

 

挙式後にも撮影したお写真がたくさん☆

 
次回こちらをご紹介致します^^

 

 

(つづく)

 

 

 

»Instagramも更新中!

»下鴨神社や上賀茂神社などの結婚式に198000円(税抜)で揃う京都神社挙式セット

News

2018.1.6

2018年挙式のお客様のご予約受付中です。