BLOG

ブログ・挙式レポート

 

 

今日は、「平安神宮」について少しだけ詳しくなっちゃいましょう!^^

 

 

heianjingu

 

 

平安神宮は、1895年(明治28)、平安京遷都1100年祭を記念して創建された神宮です☆

平安京大内裏の正庁を模した応天門や大極殿などの朱塗りの建築が美しい事でもよく知られています◎

京都三大祭りの一つ「時代祭」でもよく知られます^^

 

また、周辺「岡崎」エリアは、数々の観光スポットや歴史的建造物の他にも、近年注目のカフェや施設がオープン

しており、その人気に一層火をつけています♪♪

「”岡ぶら”する♪」なんて言われているそうですよ^^

 

 

平安神宮で挙式された新郎新婦の皆様の感想では、

「京都での厳かな挙式というイメージにまさにぴったり!」

「伝統や格式といったものに満ち溢れていて、巫女様の舞など普段では見れない演出も素敵だった!」

「挙式にも友人なども入れて満足だった!」

というお声を多く耳にします^^♡

 

 

交通アクセスの良い場所に位置するというのもポイントが高いようですよ♪^^◎

 

 

格式あるここ「平安神宮」から、お二人の歩みをスタートさせてみてはいかがでしょうか^^

 

 

 

 

 

▶︎平安神宮

京都市左京区岡崎西天王町97

075-761-0221

市バス:岡崎公園 美術館・平安神宮前下車 徒歩約3分
地下鉄:東西線 東山駅下車  徒歩10分

 

 

»Instagramも更新中!

»下鴨神社や上賀茂神社などの結婚式に198000円で揃う京都神社挙式セット

 

和婚の魅力が再び見直されている近年☆

京都神社婚でも、日々多くの新郎新婦様の“晴れの日”をサポートさせて戴いています☆

本日も、京都神社婚実際に挙式をされた新郎新婦様の感想など”生のお声”を皆様にもご覧頂きたいと思います^^

 

 

【VOICE】

「先日は、一日大変お世話になりました。

生憎の雨でしたが、皆様の暖かいアテンドのお陰で、とても楽しい一日になりました!

両親も喜んでくれて良かったです。

家族一同、スタッフの皆様に心より御礼申し上げます。

写真もとても楽しみにしております。

やはりプロのカメラマンは違う!、と家族で話題に上っていました^^」

 

201701_jinjakon_134

(お写真はイメージです)

 

 

私たちにとって、何よりの原動力となる皆様からのお声☆☆^^

これほど嬉しいものはありません!

皆様のお声を励みに、そして頂戴したご意見を活かし、これからもお二人の晴れの日を全力でサポートしてまいります☆

皆様と出逢う事ができましたこの「ご縁」に感謝して…☆☆

あたたかいお声の数々、いつも本当にありがとうございます!

 

 

»Instagramも更新中!

»下鴨神社や上賀茂神社などの結婚式に198000円で揃う京都神社挙式セット

 

 

新郎新婦様からの「よくあるご質問」をもとに、神社婚に関する疑問にブログ上でも

お答えしていきたいと思います☆^^

 

 

それでは

本日解決する【よくある質問】!!

 

「京都市内の神社で挙げる場合、”基本のコース”で合計金額はいくらかかりますか?

土日/祝や大安などでも同じ金額ですか?」

 

201612_jinjakon_0460

 

 

【お答えしましょう】!!

「弊社へのお支払い額は、”プラン料金価格198,000円”になります☆

基本のこのプラン価格で挙式は十分可能です☆☆

ただし、ご希望であれば、有料オプションもご用意しております☆

 

その他、各神社 へのお支払い(挙式料+持ち込み料)がかかります☆

土日祝、大安でも、弊社京都神社婚プランの料金は変わりません!

198,000円です☆

 

プラン料金の中から、まず前金として先に5万円をお支払いいただきご予約成立となります☆

この残額を、当日または挙式後3日以内にお振込みいただくシステムです☆

 

不明瞭な追加料金があとから出てくることがありません!

とても明確な料金体系になっております☆

 

ぜひご検討ください☆☆^^」

 

 

 

 

»Instagramも更新中!

»下鴨神社や上賀茂神社などの結婚式に198000円で揃う京都神社挙式セット

 

 

京都神社婚のお衣装をピックアップしてご紹介致します^^☆

 

本日はこちら!

緋逢鶴」です☆☆

hiouzuru

 

明るい赤の色地に、優雅に舞う姿をみせる鶴☆☆

一見色使いはシンプルにも思えますが洗練された美しい金色の水文に桜・牡丹文がさらなる躍動感を

与え、とても艶やかな1枚です☆^^

 

 

実際にお召しになった新婦様のお写真をご覧ください☆

 

201701_jinja_122

朱色の門や玉垣が鮮やかな下鴨神社で挙式された新婦様☆

新緑の季節の挙式に相まって、とてもお衣装が映えています♡

201702_jinjakon_192

201702_jinjakon_176

 

いかがですか?^^

 

上品ななかにも華やかさや愛らしさがしっかりと印象に残る色打掛です☆☆

 

ぜひ一度お鏡の前で羽織って見てくださいね^^

 

ご参考になりますように☆☆

 

 

 

 

»Instagramも更新中!

»下鴨神社や上賀茂神社などの結婚式に198000円で揃う京都神社挙式セット

 

京都神社婚の数あるお写真の中から、素敵な京(今日)の1枚を☆☆

 

201702_jinja_0688

挙式後のご会食の撮影をしました♪♪

 

ケーキ入刀の瞬間♡

みんながさらに笑顔になるシーンです♡^^

 

 

京都神社婚では、プラン内容にプラスして、「オプション」を加える事が可能です☆

 

挙式後のご会食時の「お衣装(和装)レンタル」、「お衣装(新郎新婦様・和装)と会食写真撮影」、

「お衣装(洋装)レンタル」、「お衣装(洋装)と会食写真撮影」も承ります☆(有料オプション)

 

京都神社婚プランに、お二人の理想にぴったりフィットしたオプション加えてお二人だけの”オリジナル”にして下さい♪

 

 

 

 

»Instagramも更新中!

»下鴨神社や上賀茂神社などの結婚式に198000円で揃う京都神社挙式セット

 

神前挙式の儀式一つひとつをクローズアップしていく記事も第4回目となりました☆☆

 

これまでの記事も併せてご覧頂いて、“当日のイメージ”をより具体的にシュミレーションしてみて下さいね^^

 

 

前回の最後にご紹介した8.玉串奉奠のあとに続きますのは、

9.神楽奏上(かぐらそうじょう)です☆

201612_okayamajinja_0379

神楽奏上は、雅楽の演奏に合わせ巫女様が舞いを奉納することです☆

実は、これは人に見せるための舞ではなく、「神楽」と呼ばれる神様に奉げるものとされています☆

ですが、貴重な舞を目の前で、列席の皆様と楽しむことのできるひと時です♪

招いた列席の皆様にも喜ばれそうですね♡^^

 

 

その後、 10.親族固めの盃(しんぞくがためのさかずき)へと移ります☆

201612_okayamajinja_0688

盃に御神酒が注がれ、ご両家のご親族全員で一気に飲み干します☆

この事で、ご両家が「親族として固まった」事が意味されます^^

お二人がご結婚なさる事で、そのご家族の皆様が「親族」となっていく、“人と人とのつながり”が始まっていく

儀式です☆^^

 

目に見えないもの=つながりを慈しみ、それをこうして形として表すところがなんとも”日本らしい”と言いますか、

尊ささえ覚えます☆

 

 

神前式では、随所に「和の心」を感じることができるのが魅力ですね!^^

和婚が今、再注目されている訳はここにあるのかもしれません☆

 

 

こうして式の最後には

11.斎主挨拶(さいしゅあいさつ)があり、挙式を司ったご神職様から、“無事にこの婚礼(儀式)を終えた”という

ご報告とお二人へのお祝いの言葉が贈られます^^☆

jinja_0613

 

こうして、式が結ばれます☆☆^^

 

 

4回に渡ってお送りしましたが、以上が神前式の概要です☆

 

いかがでしたか?^^

 

ひとつひとつの儀式の運びやその意味合いを知っていると、より一層ひとつひとつ感慨深く心に刻まれるのではないか

と思います☆

 

こうしてあらためて学んでみると、神前式という日本の伝統的な婚礼は、お二人の絆がさらに深まる挙式だと

感じます♡

 

そんな神前式を、ぜひ京都神社婚で叶えて下さい♡^^

 

 

 

»Instagramも更新中!

»下鴨神社や上賀茂神社などの結婚式に198000円で揃う京都神社挙式セット

 

神前式の儀式を1つひとつ、ご紹介していきます☆

前々回前回に続き、第3回目となります♪♪

 

さて、前回の「5.三献の儀」に続いて

6.誓詞奏上(せいしそうじょう)です☆

201702_jinjakon_0312

201702_jinjakon_0201

201702_jinjakon_0641

新郎新婦様が御神前に進み、誓いの言葉を読み上げます☆

お二人ご一緒に読み上げたり、新郎様が読み上げたのち、最後に新婦様がお名前だけを読み上げたりと

神社さんによって異なります☆

 

次は、7.指輪交換の儀です☆

201702_jinjakon_0241

201702_jinjakon_0324

神前挙式でも、ご希望の方は、指輪の交換ができますよ〜!^^

三方に指輪を載せて持って来て下さり、まず新郎様が新婦様の左手薬指に指輪を、次に同様にして新婦様が

新郎様へと贈ります♪

 

その後

8.玉串奉奠(たまぐしほうてん)へと移ります☆

201702_jinjakon_00647

201702_jinjakon_0337

新郎新婦様が御神前に進み、「これからお二人をお守りください」という祈願を込めて、

神様に玉串を捧げます☆

玉串は、榊(さかき)の枝に紙垂(しで)をつけたもので、神道には欠かせないものです☆

 

この玉串は、『たましい(魂)のくし』に由来しています☆

“真心を込めてお祈りをした後、そのお願いを確実なものとする為に、玉串に自分の心(魂)をのせて

神様に捧げる”というのがこの儀式です^^

 

玉串をお供えした後は、二礼二拍手一礼をします☆(神社によって拍手の回数が違うこともあります)

201702_jinjakon_341

続いて媒酌人様、ご両家ご代表様と続いて奉奠します☆

201702_jinjakon_0343

 

もちろん玉串奉奠のお作法も、事前に丁寧に教えて頂けますのでどうぞご安心下さい^^

先の誓詞奏上で決意を表明し、この玉串奉奠で神様にお願いするという事なんですね^^

玉串にどんな想いをのせるかじっくり考えておきたいですね☆

 

 

儀式のひとつひとつにも意味が込められていて日本の結婚式はとても尊いと思いませんか☆^^

 

 

次回に続きます、お楽しみに♪♪

 

 

 

(つづく)

 

 

»Instagramも更新中!

»下鴨神社や上賀茂神社などの結婚式に198000円で揃う京都神社挙式セット

 

201702_jinjakon_0606

上賀茂神社での挙式を6月に執り行われたお二人♡

 

挙式を滞りなく結ばれた新郎新婦様、そしてご参列の皆様は、ここ「御籍屋(みふだのや)」から

移動しまして、本殿前・片山御子神社(片岡社)へご参拝します☆☆

201702_jinjakon_0673

201702_jinjakon_0670

ここは家内安泰・縁結びの神様がお祀りされています☆

ご参列の皆様も一緒に一同で参拝します☆

ご結婚のご報告と末永いお二人とご家族の皆様の幸せを祈って・・・^^

 

ご参拝後は、そのまま皆様で「集合写真」を撮りましょう♪

201702_jinjakon_0684

ずらりと横に1列に並んで♪♪^^

 

こうした皆様へのお声かけやご誘導、新郎新婦様へのアテンドなど、私たちがお声かけし皆様を導きます^^

挙式の流れは私たちにお任せくださいね!◎

 

201702_jinjakon_0703

ご参列の皆さまによる撮影も始まりましたよ♪♪

こうしたひと時も、笑顔あふれる楽しいひと時です^^

晴れ姿を余すことなく撮っていただきましょう!♪♪

 

京都神社婚カメラも最後にパチリ☆☆

201702_jinjakon_0729

 

穏やかなお人柄のお二人が築くご家庭は、あたたかで笑顔あふれる日々となるにちがいありません^^

京都神社婚を選んでくださったことをスタッフ一同感謝致します☆

いつまでも末永くお幸せに♡♡

 

 

 

 

»Instagramも更新中!

»下鴨神社や上賀茂神社などの結婚式に198000円で揃う京都神社挙式セット

 

上賀茂神社での神前挙式☆☆

 

前回の記事では、「三献の儀(三々九度の盃の儀)」までのお写真をご覧いただきました♪

201702_jinjakon_0533

 

次の儀式は、「誓詞奏上(奉読)」です☆☆

201702_jinjakon_0560

お控え室でお二人にご署名していただいた誓詞を詠みあげます☆

ご神前への誓いの言葉ですね

続いてお作法も予習されていた「玉串奉奠(拝礼)」☆

 

そして「五十鈴の儀」と続きます☆

201702_jinjakon_0588

このように、祝福の音を授けてくださいます♪^^

 

そのあとは、「親族固めの盃(親族結盃の儀)」☆☆

201702_jinjakon_0603

ご参列の方々へもお神酒が注がれて、全員で盃を交わします☆

201702_jinjakon_0608

これで親族の契りが結ばれたことになります☆

 

 

次回は挙式後に撮影したお写真をたくさんお届けします!^^

お楽しみに!

 

 

 

(つづく)

 

 

 

»Instagramも更新中!

»下鴨神社や上賀茂神社などの結婚式に198000円で揃う京都神社挙式セット

 

先日よりお届けしています上賀茂神社にて6月に挙式されました新郎新婦様☆☆

 

「ロケーション撮影」、お控え室でのご準備・ご歓談時間などを経て、いよいよ挙式の時間がやってきました☆

201702_jinjakon_0432

 

201702_jinjakon_0455

「手水の儀」という、挙式の前に手や口を洗い清める儀式から始まります☆

身を清めてからご神前へと向かうのですね^^

 

201702_jinjakon_0480

身を清めましたら、次にご神殿へ向かいます☆

これは「参進の儀」といい、新郎新婦様を先頭に、ご両親やご親族の参列者の皆様が続きます☆

 

この列がいよいよご神殿にたどりつくと「ご昇殿」、のちに「修祓の儀」、そして

201702_jinjakon_0533

「三献の儀(三々九度の盃の儀)」へと、厳かに儀式が繋がって続いていきます☆

201702_jinjakon_0534

ひとつひとつの所作が神聖で美しいと思える、「神社婚(神前挙式)」☆☆

 

 

つづいて次回も挙式模様のお写真をご覧いただきます^^

お楽しみに♪♪

 

 

(つづく)

 

»Instagramも更新中!

»下鴨神社や上賀茂神社などの結婚式に198000円で揃う京都神社挙式セット

News

2016.9.1

webサイトをリニューアル致しました。